HOMEステキ街散策 > 【三鷹】20年以上焼き続ける名物シフォンケーキでほっと一息「モリスケ+横森珈琲」

ハウスメイト公式Facebookをフォロー

【三鷹】20年以上焼き続ける名物シフォンケーキでほっと一息「モリスケ+横森珈琲」

2018/09/20

ステキ街散策

駅周辺にはスーパーや個人商店が充実し、井の頭公園など豊かな自然が残る、住みたい街として人気の三鷹。その三鷹駅から8分ほど歩いた場所に、名物のシフォンケーキとコーヒーが味わえるカフェ「モリスケ+横森珈琲」があります。ほっとできる空間が魅力で、一人で訪れる女性客も少なくないのだとか。シンプルなのにクセになるシフォンケーキの秘密や、また訪れたくなる空間の魅力についてうかがってきました。

古い家具に心落ち着く、居心地のいい空間

もともと三鷹で営業していたシフォンケーキ専門店「モリスケ」と、自家焙煎コーヒー店「横森珈琲」が1つになり、2012年に現在の場所にオープン。それぞれのお店自慢のシフォンケーキやコーヒーをはじめ、ランチタイムには食事を楽しむこともできます。

通りに面した壁側はすべてガラス張りになっていて、明るく開放的な雰囲気。店内にはオーナーお気に入りの古道具店で手に入れたという、温かみのある家具や雑貨が並んでいます。テーブルの間隔もほどよく、一人でもゆっくり過ごせる空間です。

「毎日食べたくなる味わい」を求め、20年以上焼き続けたシフォンケーキ

オーナーの森夏世さんは高校生の時、初めて口にしたシフォンケーキの美味しさに衝撃を受けたのだそう。それから専門学校や洋菓子店で経験を積み、三鷹にある「DAILIES CAFE」でケーキを担当。その後独立し、かねてからの夢だったシフォンケーキ専門店「モリスケ」を開きました。

「毎日食べたくなるような、飽きのこない味わい」を大切にした同店のシフォンケーキは、ふんわりとした軽さとともに、もっちりとした弾力があります。「これまでのシフォンケーキのイメージが覆った」というファンの声も。毎日8種類ほどが日替わりで用意されますが、今回はなかでも人気のメニューを教えてもらいました。

同店ではフレッシュフルーツをはさんだタイプが人気で、通年で登場するのがこちらの「シナモンバナナサンド」。シナモンが香る生地をこっくりとした生クリームが包み込み、新鮮なバナナの食感と味わいがいいアクセントになっています。

「アールグレイ」もオープン当時からの人気メニュー。色々試してみた中で一番美味しかった茶葉を、粉砕して生地に練りこんでいます。口の中に広がる紅茶の香りを楽しみつつ、生地そのものの美味しさも堪能できる一品です。

店内で焙煎したコーヒーは、豆やドリップバッグとしても販売。袋には愛嬌のあるクマのキャラクターが描かれていて、お持たせにしても喜ばれそう。

この日店頭に並んでいたシフォンケーキは、チョコマーブルやオレンジ、キャラメル、抹茶きなこなどでした。「親しみのある食材を使うことが、毎日食べたくなる味わいにつながるかな、と思っています。私、今どきの食材を全然知らなくて」と笑う森さん。奇をてらわずまっすぐ美味しさを見つめるからこそ生み出される、ほっとする味わい。バタバタとした日常から離れて一息つきたくなったら、ぜひ足を運んでみて。

◆SHOPDATA
【店名】モリスケ+横森珈琲
【住所】東京都三鷹市下連雀4-16-3
【電話】0422-48-0078
【交通アクセス】JR中央線「三鷹」駅より徒歩8分
【営業時間】9:00〜20:00(L.O.19:20)
【定休日】水曜
【HP】https://www.morisuke.tokyo/
【商品】シフォンケーキ(全種類) ¥480-、カフェオレ ¥490- ※すべて税込価格

三鷹駅周辺でおすすめの、おさんぽスポット!

どこか懐かしく味のあるアイテムがズラリと並ぶ「山田文具店」は、三鷹で10年以上愛される文房具と雑貨のセレクトショップです。日本で長年親しまれてきたロングセラー商品や、モノづくりの背景やストーリーのあるもの、思わずクスッと笑ってしまうようなものなど、こだわりのアイテムばかりを集めています。

全国の図書館で現在も目にする「図書館の貸し出しカード」は、オープン当初からの人気商品です。メモやTODOリスト、手紙など、使い方はアイデア次第。他にも、千葉の「ぷんぷく堂」が作るオリジナルメモ帳「ミニッパチ」もよく売れているそう。日常がちょっとワクワクする、自分だけのお気に入りアイテムを探してみてはいかが。

◆SHOPDATA
【店名】山田文具店
【住所】東京都三鷹市下連雀3丁目38-4 三鷹産業プラザ1F
【電話】0422-38-8689
【交通アクセス】JR中央線「三鷹」駅より徒歩7分
【営業時間】月~金曜 11:00~19:00、土日祝 11:00~20:00
【定休日】不定休(お店のホームページをご確認ください)
【HP】https://yamadastationery.jp/

【プロフィール】

なかくきくみこ

カフェライター

雑誌やWEBでカフェに関する記事を執筆。オーナーが店頭に立つような個人店が特に好きで、都内を中心に1,000店あまりのカフェを訪問。日々のカフェ巡りはinstagramで更新中! @kumiko_nakakuki